社会に大きなインパクトを与えるビジネスを支えているということ
SSSがIT戦略を手掛ける範囲はとても広い。
プロジェクトリーダーの彼は
住友化学グループ全体のIT戦略に関わる一方で、
社会にインパクトを与える案件に参加した経験をもつ。
次々と課題解決に挑むリーダーが仕事の流儀を語る。


IT、そして課題解決のプロフェッショナル

私は今、住友化学グループ全体のIT戦略を考える仕事をしています。例えば、ある住友化学グループ会社における業務改革プロジェクト・チームが私のお客様の一つです。業務効率を改善するためのIT活用方法についてアドバイスをしているのですが、IT活用方法と一口に言っても、ネットワークに関することもあれば、セキュリティに関することもあります。場合によっては、オフィスに当たり前のように存在しているものをなくしてしまい、より良い方法を提案するといった、ワークスタイルそのものを変えるような技術を提案することもあります。また、法対応のような会社として対応しなければならない事案が発生した場合には、住友化学のワーキンググループに入って住友化学関係部署の方と一緒に議論することもあります。
時には、もっとお客様の仕事に深く入り込むこともあります。例えば、ある会社に対しては、IT活用の話以前に、その先にいるお客様に喜んでいただくために、どのような業務を行うべきか?というところから提案をさせていただいています。



新工場の建設計画でIT構想を描く

海外のある工場の新設プロジェクトでは、IT構想を描く仕事を担当したこともありました。既設工場の場合、条件や制約があるところに問題解決策を提案しますが、本件はゼロからの提案で、工場全体の計画や構想といったものをインプットとして、IT面で何ができるかを考えるところから始まりました。要素の洗い出しなど、解を出すプロセスの大きな骨組は変わらなかったのですが、情報のリソースの取り方が違っていたり、求められるスピード感が今まで以上に早く、大変新鮮な案件でした。
この工場で製造されるものは、未来を大きく変えるかもしれない、社会が変わるかもしれないもの。社会にインパクトを与えるビジネスのIT戦略に陰ながら関われたのは、本当に貴重な経験でしたね。



物事を達成しようという姿勢がある人を
チームに迎えたい


SSSのいいところは、助け合うチームだということです。目的を達成しようと頑張っているメンバーがいれば、絶対に放っておいたりはしません。困っているなら、アドバイスしたり相談にのったり。本人が達成したいという想いを持っている限り、自分から声をかけ支援をする、そんな人が多いところがSSSの強みです。
だからこそ、チームに迎えたいのは、ITの知識がある人というよりも、向上心があり決めたことを達成したいという想いをもった人です。そういう人であれば、たとえはじめはITの知識が十分でなくても、努力を重ねてSSSで活躍できる人になれるでしょうから。
今後、住友化学グループはより一層、グローバルにビジネスを展開していきます。私達SSSに求められる要求は一層高度化していくのは間違いありません。
そんな高度化する要望に応え続けるSSSであるため、私達自身がグローバルに活躍できる人材である必要があります。個人的には、グローバルに活躍できる人材を目指して切磋琢磨できる人に加わってほしいと思っています。
これまでのキャリア

四国出身
教育学部教養学科 卒
2008年中途入社

システム受託開発会社、ITベンチャーの2社を経て、2008年、SSSに中途入社。SSS社員の問題意識の高さや、グローバルに活躍できそうなことから転職を決意。現在は単身赴任中。

2002 年〜 2006 年
システム受託開発会社に新卒入社
金融系のシステム受託開発を担当

2006 年〜 2008 年 IT ベンチャーに転職
自社パッケージソフトのセールスエンジニアとして、要件定義から納品まですべてを担当。

2008 年〜 SSSに入社
住友化学グループの製薬部門の財務会計機能や、住友化学の財務会計や管理会計案件のプロジェクト・リーダーなどを担当。
また、グループ会社17 社にシステムを同時導入するプロジェクトのリーダーを務める。

2013 年〜 IT 戦略室
住友化学グループ全体のIT 利活用やBPR、将来的な企画、構想などに携わる。



もっと人を知る



仕事と人を知る TOPに戻る