「良いものは一人では作れない」皆で協力して作り上げる仕事のやりがい
SEと音楽制作には共通点がある――。
学生時代、バンド活動に打ち込んできた彼はユニークな視点で
SEの職を選んだ。サイトサービスはユーザーの相談や要望に応える
仕事である。「とてもやりがいのある仕事」と熱をもって語る、
その理由とは。


仕事の効果が目で見てわかる、運用の楽しさ

入社時にはインフラ系で、ネットワークやサーバの運用をしたいと思っており、希望が叶うサイトサービス部門に配属されました。
業務は、お客様のネットワークやサーバの維持運用、パソコンなどのOA環境利用時に生じたトラブル、相談への対応、が主ですね。例えば「パソコンがネットワークに繋がらない!」という問い合わせを受け、解決に向けて対応を行います。私たちがシステム的な状況を確認、解決し、正常に繋がるようになる、というように、効果が目に見えてわかるものが多く、達成感を感じやすいのが特徴です。
また、お客様と距離が近く、直接、感謝の言葉を頂けるのも嬉しいですね。
面と向かって悩みをお聞きし、それを改善につなげるべく検討したり、日々の悩みから小さな改善を拾い上げて提案したり、と、SSSのひとつのSである、「サービス」提供の役割を大きく担っている部署だと感じています。
私個人では、昨年、顧客の研究拠点に設置しているプリンターの一括老朽更新や、本社部門の情報機器の現物照合など、日頃の運用とは違う計画業務を担当しました。いずれも、顧客のステークホルダーとなる担当の方とコミュニケーションをとりながら、自分以外のチームメンバと協働する作業です。
プロジェクトと言われるような大規模ではありませんが、要件定義、計画、見積、作業というような仕事の流れを学ぶことができました。このように、運用から案件にステップアップしながら日々の業務に携わっています。 



2人の上司に鍛えられ…失敗から学ぶ日々

まだ2年目ですので、上司や先輩には日々ご指導いただいております。配属時の上司はサイトサービスでの経験が長く、運用業務の基礎や、現場作業で重要な「お客様対応に必要な心得」を教わりました。一方、現在の上司には、仕事を進める上で大切な計画性、問題管理、報連相の仕方などを教わっています。また、前部署でアプリケーションをされていた経験から、現部署のインフラ系では得られない視点の貴重なアドバイスもしていただけますね。
最近深く反省する失敗がありました。お客様と調整を行っている中で、自分は問題ないと思って進めてしまったことがあったのですが、状況を知った上司から、「判断が必要なことを、なぜ事前に相談しなかったのか」という指摘をもらいました。たまたま大事に至らなかったのですが、自分で気づかないような考慮漏れなどがあった場合、クレームや障害を引き起こしたかもしれません。 小さなことでも手を抜くことで大きなミスに繋がり、作業の手戻りが発生してしまうことがあります。そういったリスクを意識するとともに、仕事というのは確実な対応が必要だと心掛けています。



SEの“要件定義”と音楽制作の共通点

突然ですが、私は音楽が趣味です。バンドや、音響などの活動をしていたのですが、そのなかでSEとの共通点を感じました。
一つ目は、いい演奏をするためには、「一人一人の技術力だけでなく、バンドメンバーの息をうまく合わせなければならない」ということ。二つ目は、「自分自身が良いと思う音楽を押し付けるだけでなく、周りの意見や要望をうまく取り入れてものづくりや演出をしなければならない」ということです。
メンバーの持てる力を集約して良いものをつくる――1+1が「すごい1」になるような団結感! お互いが同じ方向を向いて、目標に向かう。
お客さんはどんな音楽を求めているのか――そのためにはどんな曲を作れば、どんな音響で調整すればいいのかを追求する。SEの仕事もそれと近いものがあるのではないかと思います。
“要件定義”で相手の本当の想いを引き出し、それを実現すること。
一人で突っ走らず、チームで団結して仕事を行うこと。
音楽との共通点を感じたことが、SEという職種に興味を持ったきっかけですが、今でもそういった思いは大切にしています。

わからない人に共感できるのは文系の強み

入社時点でシステムの知識がないことは、弱みだけではないのでは?と思っています。システムに対する知識、技術がないところからのスタートは、「システムが得意でない人の気持ちがわかる」という点で強みだと思います。
実際に自分が分からなかった経験を活かして、お客様がどういった点がわかりづらいのかに気づくことができます。そういった視点は、お客さんへの説明の際や、メール、マニュアル作成の際にも活用できます。とはいえ、技術的な知識は必要ですので、大きな信頼を得るためにも勉強していく努力は必要だと日々感じています。
今後は、より専門的なSE寄りの作業にも積極的に挑戦していき、お客様目線とSE目線の両方持っ たエンジニアを目指して頑張っていきます!
これまでのキャリア

関西出身
文学部英文学科 卒
2013年新卒入社

バンドを組み、楽曲制作や音響を担当するなど音楽活動をしていた学生時代。音楽制作とSEは「相手が何を求めているかを考え、作る」ところが似ているとSEを志望することに。説明会や面接で「丁寧に話を聞いてくれる」社風に惹かれ、入社を決めた。

2013年〜
IT サービス部・サイトサービスグループ・東京
住友化学東京本社地区のシステム環境の保守・運用を担当。サーバ、ネットワークの点検や、パソコン等のOA環境利用時のトラブル対応も行う。保守運用に加え、住友化学筑波研究所にあるシステム更新などのプロジェクトにも参加している。



もっと人を知る



仕事と人を知る TOPに戻る